就任祝い

関連会社の新社長就任のお祝に胡蝶蘭を贈りました

建設会社の事務員をしていました。社長の秘書のような仕事もあり、会社や社長のおつきあいの慶弔の準備や予約も私の仕事でした。よく、関連会社の社長の就任祝いの祝いの用意を頼まれることが多く、そんな時は決まって、胡蝶蘭を選んでいました。社長は全部私におまかせしてくれるので、私のセンスで、予算と雰囲気で選んでいましたね。先日も、新社長の就任祝いには、大きな胡蝶蘭を選びました。長い付き合いの社長さんでしたので、2万円はしましたが、大変豪華な胡蝶蘭で喜んでいただきました。つきあいのある生花店がありますので、いつもそのお店に行って、予算と色、雰囲気を説明して、お店の方に選んでもらいます。胡蝶蘭もいろいろな種類がありますので、なるべく長く花が咲いて管理のしやすいものを選んでいただいています。もちろん、素敵にラッピングしてもらえるので、たいていの方は、驚かれますよね。大きな胡蝶蘭ですので贈っても喜んでいただけて、社長も嬉しそうです。

 

就任祝いの相場

就任祝いの相場としては、その贈る相手のクラスによって変わってきます。社長クラスでは、5万円から贈る場わいが多いです。取り締まりクラスでは3万円ほどが相場となっています。役員では、2万円から3万円が多いです。

 

 

 

勤務先の同僚へは、1万円ほどが相場となります。上司ですと平均して2万円前後が多くなります。友人や親戚の場わいには、5000円から1万円が多く、兄弟などの身内の場わいには、平均して2万円が多いです。

 

 

 

就任祝いを贈る時には、会社からの指示がある事がありますので、それまで渡すのを待った方が良いです。会社の同僚とよく相談をして、どのくらい渡したら良いかを聞く事も肝心です。

 

 

 

会社の取引先の人が就任した時には、出来れば新品のお札をのし袋へ入れると好印象となります。遠い所では、現金書留で送る事も可能です。

 

 

 

相場は、平均しての値段ですので、気持ちあと1万円を添えて贈る人もいます。いずれも、多すぎず少なすぎないほどが理想です。